目をよくしたい人集まれ

目を良くするには



視力を昔みたいに良くするは、大きく分けて

レーシックの視力回復手術
視力回復トレーニング

の二つに大きく分類することができます。

レーシック手術は、レーザーで角膜を薄くはがし、
水晶体における光の屈折率を変化させ、網膜上でピントが合うようにして
切り取った角膜を元に戻す方法です。

一方、
視力回復トレーニングは、普通あまりやらないトレーニングをすることで
眼の中にある毛様体という筋肉を鍛え、視力を回復する方法です。

なるだけ早く、視力を回復させたいのであれば
レーシック手術がいいでしょう。
現在は、レーシック手術も技術の向上、使う医療機器の開発などで
ほとんど、失敗することはありません。
ただ、100%成功するとは限りませんので、
まずは、無料の適応検査から受ける事をお勧めします!

レーシック無料適応検査


多少、時間がかかっても安全に確実に視力を回復させたい場合は、
視力回復トレーニングで地道に回復を図った方がいいと思います。

自力で視力回復する方法


レーシック手術事前の適応検査



今では、視力回復=レーシックというのが一般的になりました。
レーシック手術には、たくさんの施術が用意されています。

ですから、自分に合った施術を受ける必要があるので
事前に適応検査というものを受けることになります。

おおよそですが、この適応検査は、3時間くらいで終わります。

現在はレーシック手術前に行われる適応検査はほとんどのクリニックが無料で行なってくれています。
適応検査を受けることで、手術で費用も理解し、レーシック手術に不安がある人も、
直接、医師とのカウンセリングが受けれますので、不安も解消されます。

適応検査を受けたからと言って、必ずレーシック手術を、受けなければいけない訳ではありません。
他のクリニックに変える人もいますし、今の自分の眼の状態を確かめるために受ける方もいます。


自力で目を良くする方法



自分で目をよくしたい」と思うのは、
メガネやコンタクトを使ったことがある方には、共通の願いですね。

しかし、昔みたいに一度目が悪くなったら、元に戻らないというのは一昔前の話です。
レーシック手術を受けなくても、視力回復トレーニングで、再び視力を向上させることはできます。

最近では、視力回復のためのグッズもたくさんありますので
それと組み合わせて使うとなおさら効果的です。

視力回復トレーニングを行なう前に
まずは、目の周りの疲れや緊張を取り除きましょう!

これに使うアイテムとしては、

・ヒーターやバイブレーション機能のついたアイマスク
・1日3分かけるだけで眼筋体操が効果的に行えるピンホールアイマスク
・超音波を使ってマッサージ効果を得る治療器

といったものが非常に効果的です。


 

 

 
いろんなコスメ